2017年現場総括

 

お久しぶりです。なんやかんやと今年もこの季節がやって来ました。

2017年は個人的にヲタクとしては色々と冒険の年だったな〜という感じです。まあ参戦記録見れば一目瞭然だとは思うんですけど(笑)今年もひとつひとつを振り返るのは難しそうなので、自担や推しについてと今年1年の自分について書いていきたいな~と思います。

 

【2017年参戦記録】

1月
23日 SEKAI NO OWARI Dome-Studium Tour2017 Tarkus さいたまスーパーアリーナ

 

2月
4日 ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ
5日 ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ 1部

    ジャニーズWEST LIVE TOUR 2017 なうぇすと 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ 2部
 

3月
9日 2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ TRI! SCHOOL REVOLUTION! Ver.BLACK Zeppブルーシアター六本木 ソワレ
10日 2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ TRI! SCHOOL REVOLUTION! Ver.BLACK Zeppブルーシアター六本木 マチネ
23日 2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ TRI! SCHOOL REVOLUTION! Ver.WHITE 博品館劇場 ソワレ
31日 ブレイク☆スルー 3rd Anniversary LIVE 品川ステラボール

 

4月
8日 ジャニーズJr.祭り さいたまスーパーアリーナ 2部

 

5月
6日 劇団☆新感線 『髑髏城の七人』Season花 IHIステージアラウンド東京

 

7月
2日 アイドリッシュセブン ファン感謝祭vol.1~キミと愛を語らないと!~ ディレイビューイング
15日 『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』公開記念 宇宙戦隊キュウレンジャースペシャルイベント 中野サンプラザホール
16日 S.Q.P 2017 SUMMER 両国国技館 昼の部
29日 テレ朝夏祭り 夏映画スペシャルイベント SUMMER STATION LIVE アリーナ
31日 テレ朝夏祭り 宇宙戦隊キュウレンジャー映画完成披露イベント SUMMER STATION LIVE アリーナ
   『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』完成披露舞台挨拶 丸の内TOEI
    劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥 ライブビューイング

 

8月
2日 B-PROJECT on STAGE 『OVER the WAVE!』 天王洲銀河劇場 マチネ
6日  『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』舞台挨拶付き上映会 T・ジョイSEIBU大泉
    ~君たちが~KING'S TREASURE (Love-tone) EX THEATER ROPPONGI
15日 『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』エピソード4 THEATER1010 ソワレ
19日 『プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE』エピソード4 THEATER1010 ソワレ

 

9月
10日 10th anniversary KEYTALK 横浜アリーナ ワンマンライブ 俺ら出会って10年目~shall we dance?~ 横浜アリーナ 
15日 ツキプロ文化祭 死にかけ男が転生目指して芸能界で頑張ります!~しにてん~ 全電通ホール マチネ
16日 『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』大ヒット記念イベント キュウレンジャー秋まつり DAY1②
    『宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』大ヒット記念イベント キュウレンジャー秋まつり DAY1③
18日 Vシネマ宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー」舞台挨拶付き完成披露上映会①
   Vシネマ宇宙戦隊キュウレンジャー Episode of スティンガー」舞台挨拶付き完成披露上映会②
24日 『あんさんぶるスターズ!エクストラ・ステージ』~Judge of Knights~ ライブビューイング
30日 プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE FAN MEETING 2017 ~MEMORY OF SUMMER~ THEATER1010 昼の部

   プリンス・オブ・ストライド THE LIVE STAGE FAN MEETING 2017 ~MEMORY OF SUMMER~ THEATER1010 夜の部
 

10月
5日 AMADEUS 池袋サンシャイン劇場 ソワレ
6日 AMADEUS 池袋サンシャイン劇場 マチネ
12日 2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ 第4幕『Lunatic Party』
15日 AD‐LIVE 2017 ライブビューイング
26日 劇団☆新感線 『髑髏城の七人』Season風 IHIステージアラウンド東京

 

11月

2日 アニメ「アイドリッシュセブン」先行上映会 ライブビューイング

3日 宇宙戦隊キュウレンジャー Blu-ray COLLECTION1 購入者限定イベント T・ジョイSEIBU大泉
4日 Casual Meets Shakespeareじゃじゃ馬ならしラゾーナ川崎プラザソル ソワレ
6日 Casual Meets Shakespeareじゃじゃ馬ならしラゾーナ川崎プラザソル ソワレ
11日 宇宙戦隊キュウレンジャーショー 素顔の戦士特別公演⑤ シアターGロッソ 
   Asterism vol.05「NoLimit-Replays」 シアターグリーンBIG TREE THEATER ソワレ
12日 Casual Meets Shakespeareじゃじゃ馬ならしラゾーナ川崎プラザソル マチネ(千秋楽)
24日 『ロッキー・ホラー・ショー』 池袋サンシャイン劇場 ソワレ

 

12月
8日 2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」第5幕 『Rabbits Kingdom』黒兎王国Ver. ソワレ
10日 Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018 京セラドーム大阪
15日 2.5次元ダンスライブ「ツキステ。」第5幕 『Rabbits Kingdom』白兎王国Ver. ソワレ
17日 TAIKI CD 「Imagenerations」発売記念イベント① アニメイト新宿

      TAIKI CD 「Imagenerations」発売記念イベント② アニメイト新宿

      TAIKI CD 「Imagenerations」発売記念イベント③ アニメイト新宿
24日 宇宙戦隊キュウレンジャーショー 素顔の戦士特別公演② シアターGロッソ
      宇宙戦隊キュウレンジャーショー 素顔の戦士特別公演③ シアターGロッソ

      宇宙戦隊キュウレンジャーショー 素顔の戦士特別公演④ シアターGロッソ

      宇宙戦隊キュウレンジャーショー 素顔の戦士特別公演⑤ シアターGロッソ

      宇宙戦隊キュウレンジャーショー 素顔の戦士特別公演⑥ シアターGロッソ
27日 舞台『ピッッツァ☆』(日替わり谷佳樹)  ソワレ
28日 宇宙戦隊キュウレンジャーショー① シアターGロッソ
      宇宙戦隊キュウレンジャーショー② シアターGロッソ

      宇宙戦隊キュウレンジャーショー③ シアターGロッソ
29日 舞台『ピッッツァ☆』(日替わり校條拳太朗)  マチネ
      Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018 東京ドーム
30日 Hey!Say!JUMP I/Oth Anniversary Tour 2017-2018 東京ドーム

 

 

今年はイベント・ライビュ等も含めて計62公演でした。増えすぎ。

何がそんなに多かったかというとやはり山崎くんの現場がダントツで1番でした。今年の約4割を山崎くんが占めています。3月のツキステはともかくとして、この歳になって特撮を見る・追うことになるとは去年の12月25日までの私は微塵も思ってなかったでしょうね…それなりにいい思いも楽しい嬉しい思い出もたくさんできたので、大変だったけど今年の山崎くんを応援できてよかったなあと思います。

あとは特筆事項の一つとして、俳優の推しが増えました(笑)8月のBプロ舞台で転がり落ちて、気付いたら11月は彼の出る舞台を観るために川崎に通っていました…推しを演じていたから好きになったのか?という不安もあったのですが、舞台観たら普通に演技に刺されて帰ってきたので(笑)、普通に彼に落ちてたみたいです。彼の現場でいわゆる接触といわれるものも初体験したので、まだまだ界隈には私の知らないことだらけだなあ~と思いつつ、俳優ヲタクとしての生活も楽しんでいます。年明けは立て続けに彼の舞台があるので、たくさん応援できるのが楽しみです。かっこよくて胸にグッとくる演技をする田口涼くんをよろしくお願いします。

自担の現場は年始と年末にどんっとまとめて、みたいな感じでした(笑)年始のWESTはデビュー発表3周年を、年末のJUMPは10周年をお祝いできた、本当にアニバーサリーで幸せいっぱいの一年になりました。細かくはTwitterなどでつぶやいてたので割愛しますが、やっぱり自担のことが大好きだなって強く実感できる2017年だったなあと思います。Twitterでは別界隈の話が多くて忘れられがちなような気もしますがちゃんと2017年もジャニヲタやってましたしまだまだ辞められる気がしません!!!(笑)2018年もたくさん幸せにしてもらいに行きます♡

あとはじわじわと舞台観劇が趣味になりつつあるな~という感じです。推しがいなくても舞台を観に出向くことが本当に増えました。今年の全体の3分の1は舞台なんですが、推しがいない舞台の方が多かったくらいです(笑) *1推しがいないものの中で今年観られて良かったなと思うのは髑髏城の七人シリーズとプリンス・オブ・ストライドですね。2.5もストレートも大好きなので、2018年も時間とお金の許す限り、面白い舞台がたくさん観られたらいいなあと思います。

 

そんなこんなで、趣味に関しては目一杯走り切った!って思える2017年になりました。ちょっと私生活に関しては不透明な部分も多いですが(苦笑)、人間生きていれば何とかなると思うタイプの人種なので(笑)、やらなきゃいけないことはやりつつ、2018年も楽しいものにたくさん触れていける一年にしていきたいです。現場やTwitterなどでお世話になった皆様、本当にありがとうございました!来年も大好きな人たちがたくさんの幸せに包まれる一年になりますように!良いお年を!

 

*1:戦隊のショーは一応除外しています。舞台もやる会場だけど舞台って言うにはやはりちょっと違うよね…(笑)

10年という時の重さについて

 

10周年おめでとうございます、ということで。日付変わる前に書きあがるかなあ。

 

Twitterでも少し言及したけど私個人の10周年はもう少し先です。それでも、10年前のこの日に世に羽ばたいてくれたから、私は今この時に彼を、彼を取り巻く人たちを、彼を好きになったおかげで扉を開くことのできた世界を、愛することができているんだなあと思うと、私を変えてくれたのはやっぱり薮くんなんだなあとしみじみ思います。

 

 

今の私は彼のために割ける労力も彼のことを思う時間も、正直今までよりぐっと減ってしまっているなあと感じます。10年の時間が流れた分だけ、私はおたくとしていろんな人に、いろんなものに目を向けてきた。2017年の今年は特にそれが顕著に出ていて、後ろめたさを感じることもどんどん増えたんだけど。*1それでも今一番すきだなあって思うものを、後悔しないように見に行きたいって思うし、誰かに縛られたり何かを気にしたりせずに、好きなものを好きな時に「好きだ」って言える楽しさを、一番最初に教えてくれたのは薮くんだから。薮くんに教えてもらった気持ちを、これからもずーっと忘れないでいたいなあと思っています。

 

とはいえ薮くんを降りるなんて選択肢を視野に入れたことなんか、この約10年でいっっっっっちどもなくて。(笑)限界までしぼんだこともキャパシティ以上に膨張したこともあるけど(笑)、どんな形でも大きさでも、薮くんのことが好きだって気持ちは私の心の核の部分にずーっとずーっと存在し続けているのです。薮くんの歌声を聴くたびに何度だって恋に落ちるし、その笑顔を見るたびに愛しさが爆発しそうになるのは、いつまでも変わらない気持ちなんだろうなって割と胸を張って言える気がします。

 

10年の時が経つと、彼らを取り巻くものも、(もちろん私自身だって)変わっていくことはいっぱいあります。10年前の今日を境に道を違えてしまった仲間もいた。突然目をそらすことを許されない現実に襲われたこともあった。彼を愛してくれた先輩が事務所を去って行ってしまったこともあったし、彼自身に閉口せざるを得ないことだって時にはあった。でも10年もおたくやってると不思議なもので、思いがけないところで彼と別れた仲間の活躍を目にすることがあったり、違うフィールドにいるいろんなひとたちと他の界隈のご贔屓さんたちが巡り合っていたり、ドラマで突然ミュージカルをしたりすることに(笑)なったりするんですよ。10年の時の中であった苦しいことも悲しいことも、多分なにも意味のないことなんかなくて、どこかで何かと繋がっていくんだなあって最近特に強く思います。目を背けずに、見守り続けてきてよかったなあって思う一番の理由がこれかもしれない。

 

とにもかくにも、10年間そこに居続けてくれて、好きでいさせてくれてどうもありがとうございます。また明日からもよろしくね。

 

 

*1:いちおたくの動向なんて気にしてるわけないじゃないってのは分かってるよ(笑)心持ちの問題です。

若手俳優&声優ヲタクの後輩をLove-tune長妻怜央の沼にハメた話

 

それは突然の出来事だった。

 

 

6月某日、私はバイト先の後輩と宅飲みオタ会を開催していた。

ちなみにこの後輩ちゃんのスペック(便宜上以下Aちゃん)

・生粋の2次元&声優ヲタ*1

テニミュなども通ってきたので若手俳優にも明るい

・基本的にイケメンが好き ジャニーズでは中島健人が好み(開始時点で)

 

 

では話を本編に戻そう。Aちゃんとは私の家で飲みながらアニメや舞台の映像を見るのが恒例化していて、その日も今クール放送中のアニメ*2を最新話まで見たところだった。

視聴が一区切りついて、少し箸休め…と思い、最近ほかの友人とやってみてちょっと面白かった、「推しを9人並べると好みが分かる」という類の画像を作って見せあっていた。

ちなみに私の推しを並べた結果がこちら

f:id:ybtm:20170603040132j:image

左上から右へ順番に上村祐翔くん(声優)山崎大輝くん(俳優)玉森裕太くん(Kis-My-Ft2)大倉忠義くん(関ジャニ∞)薮宏太くん(Hey!Say!JUMP)中間淳太くん(ジャニーズWEST)松村北斗くん(SixTONES)阿部亮平くん(Snow Man)安井謙太郎くん(Love-tone)、となっております…いやもう分かってますすいません…本当すいません…クソDDですよね分かってます本当すいません…って感じの私のラインナップなんですけど本当。*3

 

そして出来上がったAちゃんの推しラインナップ。ちなみに彼女の推しは

斉藤壮馬

・KENN

梅原裕一郎

・仲田博喜

・上仁樹

・鷲尾修斗

などなど、な感じ。*4多分このブログ見てる人にとっては誰おまな人もいると思うごめんなさい。ググってくれ。傾向としては顔シュッとしてる、あんまり濃すぎない、正統派のイケメン!って感じの人たち。本当すいません私の語彙力表現力のなさが酷すぎてこの人たちの特徴を上手く表しきれてない絶対。

 

はあ〜やっぱりイケメンだね〜ハハ〜みたいな呑気な会話をしながらふと思う私。

 

「あれ、これジャニーズでこの系統の子見つければAちゃんこっちに落ちるんじゃん???」

 

我ながらクソみたいな先輩だなって本当思う。すごい思う。ごめんねこんな先輩で。 いやでもほらけっこう好みのイケメンならどんな界隈でも見たい!ください!みたいなヲタク(私もそのタイプ)だから行けるかなって思ったんだよ…

 

てなわけでAちゃん好みのジャニーズ捜索大作戦!を決行した私。とりあえず6月第1週の少クラ(那須くんを発見)→東京B少年のMステ(井上瑞稀を勧める)→Mステ繋がりで亀と山Pの回(渡辺翔太を見つけるも彼女曰く惜しいという結果に)→とりあえず少クラですのを見せる→一通りのジュニアグループを見てもらう→Love-tuneのターンになる*5

 

Aちゃん「この右端の子可愛くないですか???」

 

「(掛かった!!!!!)」

 

勝ち戦を確信した。何と戦っているのかはこの際聞かないで欲しい。彼女と私の目に映ったのはLove-tuneの最年少長妻怜央。すぐさま彼女の作った推し画像と見比べる私。

 

「(これは落ちるぞ!!!!!)」

 

いやーーー本当勝ったと思った。ドンピシャもドンピシャ。彼女の好みどストライク。これは逃してはならない逃すものかとばかりに最初から切り札・2016年10月少クラのCALLを見てもらう。

 

Aちゃん「えっっっっめっっちゃかっこよくないですか?????」

 

チョロい、チョロすぎる。

でもしょうがないよねLove-tuneの最高で最強の武器CALLだもんね無理だよね分かる。私も初見で無理だなって思って2時間ずっとCALLだけ見てた日とかある。(酷い)

キラキラ〜☆みたいなアイドルっぽい曲の方が良かったかな?って見せてから思ったけど彼女曰く「SolidS*6とかゴリゴリのやつも好きなんで大丈夫です!好きです!」とのことで。

なんか分かんないけど余裕だった。

 

とりあえず遡れる限りの少クラのLove-tuneを見てもらった。CALL、マスピ、枯葉、レスキューレスキュー、love&peace、RELOAD、サマステスペシャルパフォーマンス、etc…あとあれ、懐かしのスカッとジャパン胸キュンスカッとで我らが阿部顕嵐と長妻が共演した回が奇跡的に残ってたのでそれも見せた。本当ジャニヲタの貧乏性も役に立つ時があるんだなってしみじみと感じたよ…

 

見ている間Aちゃんの口から出てきたセリフもここでまとめておく。

「え、回し蹴りめっちゃかっこよくないですか?」

「足長すぎじゃね???」

「えっむり、笑顔可愛いむり」

「パフォーマンスレベル高いですね…凄い揃ってる…」

「下からのアングルこんなにかっこいい人見たことない」

「Eライン*7めちゃくちゃ綺麗じゃないですか???」

 「髪短いのめっちゃ好き…」

 

いやジャニヲタと大して発言変わらんやん?

 

余談だがその数時間前宅飲み始める時に「ジャニーズ推してて*82次元とかも推してるの凄くないですか…」って言われたけど彼女も十分素質あるとおもう。全然いける。

 

そんなこんなで長妻怜央ピックアップガチャかと言わんばかりにLove-tuneと長妻の映像を見続けていたAちゃんがあることに気づく。

 

「この子ちょっと発言ヤバくないですか?」

 

忘れていた。ちょっと忘れてたけどそういえばこの子ド天然属性の子だった。わ〜そこに気付いた上でハマれたらもう一発だよな〜すでに生で長妻くん見たいとか言い出してるもんな〜でももう少クラのストックないな〜Love-tune7人になってからの映像って意外にないもんな…ってどうしようかと迷っていた私、突然閃いた

 

ガムシャラの録画落としたディスクあるはず

 

久しぶりに自分のこと天才だと思った。ズボラが度を過ぎた人間なのでダビングした映像見返すことあんまりないんだけど*9久々に昔の録画物血眼で探した。詳細は言わないけどあのディスクの山の中からガムシャラ落とした1枚を見つけ出したの凄い執念だと思う。

 

てなわけで久々のガムシャラ再生。〇〇アイドル決定戦と葉山のセレブのやつと未公開のときの「キックオーシャン!!!」*10らへん見てもらった。大分夜も更けていたもので途中でAちゃんは寝落ちてしまったけど、ガムシャラの長妻を見ながら「ヤバい…この子ヤバい…」と明らかに先ほどとは違うテンションで呟いていたのを私は忘れない。あとついでに私がガムシャラ史上一番好きなピンチ回避王決定戦寝坊の部と五感王?だかの腹にカエルのせて本気で悶絶するポンコツ森田美勇人も見てもらった。引くほど笑った(主に私が)。たくさん映像見る中で長妻だけじゃなくてLove-toneのこともかっこいい!!かわいい!!って言ってもらえたのが嬉しかったなあ。そうなんだよめちゃくちゃかっこいいんだよLove-tone!ってドヤ顔したくなった。

 

 

そんなこんなで熱が冷めやらぬうちにと思い私はこのブログを書き上げました。最終的に「今すごく生きるのが楽しいです!!!」と彼女に言わせしめた長妻怜央。強い。強すぎる。私自身もAちゃんが華麗に転がり落ちていく様子を楽しく観察させていただきました。微笑ましくもあり、私も最初はこんな感じだったかなあと少し懐かしくもあり。*11*12彼女がもっとLove-toneと長妻くんにハマって、幸せにしてもらえますように!と願わくはいられないです。こうやってまだまだたくさんの人たちに彼らの魅力が伝わればいいなあ。

 

ということで長妻が加わったAちゃんの推し一覧画像でお別れです!彼女は果たしてこの先ジャニヲタとしての人生を歩むことになるのか!?続報に乞うご期待!*13

 

 

f:id:ybtm:20170603231924j:image

*1:ちなみに彼女と私が意気投合したジャンルはアイナナ・ツキウタ・Bプロ等

*2:スタミュ 毎週月曜12時(明けた火曜0時)TOKYO MX等で放送中

*3:ちなみにAちゃん曰く私の推しの傾向は「大体奥二重」 確かに。

*4:若手俳優がツキステ出演者ばかりなのはお察し

*5:何見せたのかは忘れた

*6:ツキウタ。の後続展開のグループ。わりとガンガンロックっぽい曲とかもあってアイドルっぽい感じではない

*7:人間の横顔で鼻骨の先と顎骨の先を直線で結んだライン。とのこと。Wikipediaより。

*8:ところでJ界隈の人はあんまり推しって言葉使わないけどまあみんなそんなん知らんよな…

*9:ズボラすぎてラベリングしてなくて探すところから始まる→まずそもそもディスク出し入れが面倒

*10:KOは何の略?って問題のやつ

*11:私の時はもっと幼くて単純な感情だったと思うけど

*12:遠い昔のことかのように語ってるけど、つい最近若手俳優の推しができたばかりの私なのでした。ちゃんちゃん。

*13:予定は未定

ツキステ。TRI!を見てきたよ/若手俳優沼に片足突っ込んでる

 

表題の通り2本立てです。

まずはツキステ。を見てきた話。もう先月になるんだけど、ver.BLACKは3月9日ソワレ・10日マチネ、ver.WHITEは3月23日のソワレ公演をそれぞれ観劇してきました。

まずそもそもツキステとは何ぞや、という方はこちらを。

www.tsukista.com

 

 

ツキウタ。」とは、1月から12月までの各月をイメージしたキャラクターをベースに
それぞれの月をイメージした楽曲と物語で織りなすシリーズCDです。

関東出身のSix Gravity(シックスグラビティー:通称グラビ)と
関西出身のProcellarum(プロセラルム:通称プロセラ)は兄弟にしてライバルでもある、
ツキノ芸能プロダクション所属のアイドルユニットです。
東京都内某所にある寮で共同生活を送りながら、勉強に、仕事にと、
明るく頑張る彼らの日常系ドラマがメインとなっています。

 てなわけで、昨年アニメも放送された「ツキウタ。」の2.5次元舞台版がツキステ。というわけです。

 どうして私がツキステに興味を持ちだしたかというと、その昨年放送されたツキウタ。のアニメ4話と、昨年上演されたツキステ第2幕が連動していた関係で、軽率に千秋楽のライブビューイングを観に行き…あとはお察しですけど…ちなみにその後どうなったかは昨年の私の参戦記録を参照。ちゃっかりライブイベントも行きました。

 

allofmylove.hatenablog.com

 

 

 てなわけでどっぷりハマってしまった私は、年末年始のチケット大戦争をくぐり抜け*1、3月の公演を迎えたのでした~~

 

てなわけで前置き長くなったけど感想。まずVer.BLACK(以下黒)について。

グラビ6人がとにかく可愛い!お茶目!みたいな印象8割、突然のエモーショナルタイムぶっこまないでくださいしにます…みたいなのが2割、って感じでした。学校が舞台、学生役のアンサンブルとの絡みもあり、グラビみんながウキウキしてる感じが全面に出てきてて観てるこっちも楽しかったです。*2白黒ストーリーはちょっと違うけどベースはどちらも「退屈な日常の革命」というテーマだったんだけど、より分かりやすく革命!って感じがしたのは黒のストーリーだったかなという感じ。ラストの3年生を送る会に向けて着々と準備が進むところと黒年少ふたりの会話、最後のテーマソングを歌うシーン一連で感動してちょっと泣くかと思った。肝心の私のグラビの推しこと卯月新くんなんですけどなんかもうめちゃくちゃ肩の抜けてるなって感じでしたね…いい意味でめっちゃ原作の新だなあって感じだったし内魂*3の山崎くんが新の飄々とした感じをしっかり表現してて良かった。

ライブパートはとにかく!!!新くん大優勝!!!って感じでした。いや推しだしそこばっか見てるから当たり前なんだけど(笑)始さんのバックでついた撫で撫でも最高だったし、3rdの「君、舞い降りる」が大好きだからまさかマイクスタンド演出で見られると思ってなくて*4!!!本当に嬉しかったです…勢いがあって素敵なライブパートでした。

 

続いてVer.WHITE(以下白)。

白に関しては推しである霜月隼さんのいる年長組のメイン回だったため、割と楽しみにして行ったんですが、予想通りいい意味で霜月隼ワールド全開でした(笑)*5もうなんでもありかよ!!!って途中で何回もツッコミ入れてたけどもう隼さんだから仕方ないよね…お遊びコーナーとかもあって黒よりもわちゃっとしてる印象だったけど、本筋のストーリー性が強いのは白のほうだったかな。いやクラスメイトの1人が担任に見えてないとか昔川で…とか言われた瞬間に「このほのぼの回にまさかの死ネタか???夢見草の悪夢再来???」って思ったけど杞憂で終わってよかった。いや本当に。しかしプロセラは隼さんがいればなんでも何とかなってしまうの本当になんとかしてください(笑)もう少し脚本がんばって(笑)

 ライブパートの話したいけど陽くんのエルソルと海さんのBeast Master以外の記憶ほとんどないんだよなあ…いやあんたの推しは???ってツッコミやめてください自分が一番よく分かってます/(^o^)\エルソルは陽くんのシュシュにささってたお花を通路側のお客さんに手渡した瞬間いやそれ何てミスフロですか…って頭抱えてしまったってだけなんですけど*6…ビーマスはまさかの推しとお気に入りくんが猫耳つけてバックについてるんだもん…よ…しかもメインの海さんはマイクスタンドだし…隼さんの内魂の友常さん色気ありすぎだし夜くんの内魂の谷やんもはや夜くんの顔してなかったからね*7…ここだけマルチアングルつけてほしいなあムービックさん…お願いします…

 

てなわけでツキステの感想でした。思い出したらちょいちょい追記するかも。

そしてここからが最近の私の話。上述の通りツキステを経て若手俳優に興味が出てしまった私はなんと山崎大輝くんにズブズブとハマってしまい今に至るのです。なんとも軽率。

いや…夢見草のライビュのときは内魂の人たちのことは全然知らなくて、キャラのビジュアルで人を判別するしかなかったんですよ。最初は「新の内魂くん可愛いなあ〜〜〜」くらいだったんですけど、気づいたら「笑い方が好きだなあ…スタイルもいいなあめっちゃ手足細長いなあ…ダンスもいい…指使いとか細かいところも好きだ…演技もいいね…」てな感じで随分ハマってしまいました。おかげでうん年ぶりに日曜朝7時半に起きてスーパーヒーロータイムを視聴するハメになっています。*8

この先彼が俳優としてどういう道を進むことになるか分からないし*9、ジャニヲタ界隈と勝手が違いすぎてマジか…ってなることも多いんですけど。まあとりあえず、若手俳優ヲタクと呼ばれるところまでいくかは分からないけど、私なりのペースで大輝くんを応援できればなあと思います。

*1:黒は友人が当てたのも込みで両方自チケだけど白は友人と各4名義行ける全日程にぶっこんだけど全滅、4人頼んだ友人のうち1人が当ててくれた1公演で何とか入れた、という激戦っぷりであった

*2:前作が死ネタ含む内容で結構重かったからそのギャップも相まって余計に

*3:ツキステ界で言うところの「中の人」

*4:ジャニヲタとしても常々言ってるけど三度の飯よりマイクスタンドが大好き

*5:分かる人には分かる

*6:JUMP担の闇

*7:完全に夜の格好してるだけのオスの顔した谷やんだった

*8:宇宙戦隊キュウレンジャーにヘビツカイシルバー/ナーガ・レイ役で出演中

*9:戦隊出身俳優は当たるとかなり売れるけど芽が出ないことも多く割とシビアな世界だったりする

2016年総括

ハイ!年の瀬ですね!さっきWEST京セラについてあげたばかりですが(笑)、今日中に今年をちゃんと振り返っておきたいのでちゃんと総括するよ!!本当は現場ひとつひとつまとめたかったけど時間ないです!(笑)計画性のなさ!

 

【2016年参戦記録】

3月

31日 ラブライブ!μ’s Final LoveLive!~μ’sic Forever♪♪♪♪♪♪♪♪♪~ 東京ドーム

4月

3日 ジャニーズWEST CONCERT TOUR 2016 ラッキィィィィィィィ7 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ 2部(オーラス)

5月

2日 歌喜劇 市場三郎 温泉宿の恋 東京グローブ座

6月

5日 ブレイク☆スルー 2016S/S Tour Live 原宿クエストホール 1部2部

18日 コインロッカー・ベイビーズ 赤坂ACTシアター ソワレ

7月

28日 サマステ ジャニーズキング (高橋海人・Love-tune・Snow Man) EXシアター六本木 2部

8月

28日 Hey!Say!JUMP LIVE TOUR 2016 DEAR. 宮城セキスイハイムスーパーアリーナ 1部

9月

4日 ベリテンライブ2016 井頭公園

6日 Vamp Bamboo Burn~ヴァン!バン!バーン!~ 赤坂ACTシアター 

10月

31日 2.5次元ダンスライブ「ツキウタ。」ステージ第二幕 ~月歌奇譚「夢見草」~ 千秋楽ライブ・ビューイング MOVIXさいたま

11月

20日 B-PROJECT~鼓動*アンビシャス~ BRILLIANT*PARTY 幕張メッセ

12月

4日 ツキプロ祭・冬の陣 2.5次元ライブ ツキステ。LUNATIC LIVE/そりくべ祭 パシフィコ横浜

24日 ジャニーズWEST 1ST ドームLIVE 24から感謝 届けます 京セラドーム大阪

25日 ジャニーズWEST 1ST ドームLIVE 24から感謝 届けます 京セラドーム大阪 2部(オーラス)

 

参戦記録はこんな感じですかね。ライビュを入れるか迷ったけどこのライビュのおかげでこの後のヲタ活がわりと狂いだしたので一応(笑)今年は諸々含めて全16公演でした!

さて今年の自分について。ジャニヲタの自分としてはコンサートも舞台もいろいろ入ることができて満足です。WESTはどの公演もなかなか良いお席で見られたので嬉しかったなあ。サマステではらぶのかっこよさにやられたのと阿部くんに落ちて帰ってきたよ(笑)VBBで最前入れたのもいい思い出ですね…生田斗真と目が合う機会なんてもう一生ないだろうな(笑)JUMPにも1公演入れてよかったです。2年ぶりの薮くん破壊力がすごかった。

そして参戦記録を見てお気づきかと思いますが下半期から様子がおかしい(笑)のは、夏クールでアイドルアニメにどっぷりハマっちゃったんですね…B-PROJECTとツキウタ。にがっつりハマって、2.5次元舞台とか声優さんのライブとかに通いました。ツイッターでもお話したことあるけど声優界の自担は上村裕翔くん、若手俳優界の自担は山崎大輝くんです。上村くんは1月クール「ナンバカ」(2期・配信シリーズ)等様々なアニメに、山崎くんは2月12日スタートスーパー戦隊シリーズ「宇宙戦隊キュウレンジャー」に出演するのでみなさんぜひ見てください(ダイレクトマーケティング)

 

そんなこんなで本当にヲタ活が充実していた1年でした!来年はいよいよ就職に向けて動かなければならないので今年よりは現場的にがんばれないかもしれない*1けど、自分のためにがんばる時間も大切にしつつ、楽しくやっていきたいなあと思います。2016年にお世話になった方、お会いしてくださったみなさま、その他私の好きなものにも好きな人たちにもたっくさんの感謝を込めて!ありがとうございました!よいお年を!

*1:といいつつ3月までの現場がすでに7現場決まっている

7人の夢の世界を観てきました

 

「ジャニーズWEST1stドームLIVE 24から感謝 届けます」24日と25日2部に参戦してきました。

今年は現場数が多かった(自分比)のと「はーーーめっちゃ楽しかった!!!」という感情と幾つかのツイートで割と完結できる部分が大きかったので全然ブログは書いてなかったんだけど、2日間を経てむくむく大きくなった気持ちを残しておきたいので、年を越す前にと思いこれを書いてます。

 

ジャニーズWESTにとって初めてのドームLIVE、1曲目はええじゃないかから始まりました。いやもう予想通りもいいとこだったはずなんですよ、なのにみんなで「ええじゃないかー!!!」って叫んでイントロが始まった瞬間、わけも分からず涙が出てきて。隣の友達も泣いてたけど、負けないくらい顔をぐしゃぐしゃにして泣いてた。なのに濱ちゃんの挨拶で「僕たちの夢へようこそ」って言われた瞬間にもう追い討ちですよ(笑)ああ、いつからかはわからないけど、彼らがずっと見たくて見たくてしょうがなかった景色を、私たちが見せてあげられてるんだなって思っただけで嬉しかったし、私たちもずっとずっとこの日を待ってたから、笑顔で歌い踊る彼らを見られて胸がいっぱいになった。冒頭からすでにこんな感じだったのに、Jr時代曲コーナーとかずるすぎない???始まる前の映像*1だけでも涙止まらないのに、アメフリでB.A.D.出てくるのずるすぎるよ。正直、ジャニーズWESTという船に乗るという決断をした以上、もうふたりで歌うところは少なくとも近い未来では見られないと思っていたから、ぶわってこみ上げてくるものが抑えられなくて。あの頃見てた未来であの頃の曲を歌ってるなんて夢みたいな景色、この目に焼き付けなきゃって思えば思うほど視界がにじんでいったのが悔しい気もしつつ、今の私がジャニーズWESTを愛してるのと同じくらいB.A.D.を愛していたあの頃の私に、笑顔でやったねって言えた気がしました。*2

 

あと全体を通して改めて感じたことなのだけど、WESTはセットリストの組み方が巧いなって思いました。単純に売れてる、人気、鉄板、みたいな曲だけでなく、ちゃんと雰囲気作りができてたり全体の流れが不自然にならないようにできてたりする。あと何よりにくいなあ~~~と思ってしまうのが、WESTってすべての曲を好きにさせてくれるセトリを組んでくれるなって今回のドームで強く思いました。今回のセトリの中に個人的にはそんなに好きじゃないかも~?って思っていた曲も、彼らの演出や組み方ひとつで大好きな曲になれるのはすごいなって単純に感激しました。WESTくんたちの魔法はすごいなあ。

 

最後の挨拶、2公演見て泣いていた子もそうでない子も、それぞれの心にある本気の感情をぶつけられているようで嬉しかったです。私は淳太くんの担当だけど、こんなに頼もしくて未来を見据えた目を、生で見ることができてよかったなあと思っています。

最後の挨拶についてはこのツイートにほぼすべて集約されてるかなと。とにかく2日間、彼らの強いまなざしをたくさん見られてよかったです。私は言葉を紡ぐのはあんまり得意じゃないけど、どうしても残しておきたくて書いてみました。ああ、楽しかったなあ。これから何度も、こんな気持ちにさせてくれるんだろうな、大好きな彼らが。

*1:あんなに映像残ってるなら言い値で買うから円盤化してって感じだったけど

*2:でもごめんだけどまだばど担の私は成仏できてないみたいなので、次は東京ドームか周年コンでV.I.P歌ってね。笑

JUMP担としてフ○テレビに反省してほしいことまとめ

 

27時間TVお疲れさまでした。スーパーダンクとキスブサコラボ、伊野尾担はめざましじゃんけんも、思ってた以上に出番が多くてとてもうれしかったです。さてさて録画を全て見終えて、ちょっぴりうーむと思ったことがあったので久々にブログを書いてみました。いや本当はもっと書きたいことも下書きもたくさんあるんだけど(笑)

まず前提としてですが、視聴者側がどんなにあがいてもどうしようもないことがあるのは仕方のないことだと思っています。TVのなかで自分の好きなタレントが苦しい悲しい思いをしていても、残念だけど私たちが綺麗ごとを並べるだけじゃ動かせないことがたくさんあるから。それでも書くのは、JUMPを起用してくれる局があることに感謝しつつこうだったら観る側のストレスも軽減されるのにって思ったことを少しでもはきだしておこうと思ったからです。

 

(1)スーパーダンク予選敗退校・終了後の選手への配慮がない

さっそくあんまりJUMPが関係ないのはご愛嬌でして…(笑)まったくなかったとは言わないんだけど、*1生放送ってのもあって終わったらすぐCMに移っちゃって、高校生の悔しがる顔が映ってそのままになっちゃったのがすごく気になった。お涙頂戴の演出したくないのかなとも思うし*2そりゃあコメント求められてもほしい言葉なんか録れないかもしれないけど、それでも挑戦が終わって取り仕切るはずのアナウンサーとかがそのまんまやりっぱなしになってるのはちょっと残念だったなあ。学校訪問担当した人が最後に声かけて終わるとかさ。

 

(2)いたジャン×キスブサコラボ最終対決のルーレット

てなわけでJUMPちゃんがキスマイに勝てなかったことは全く気にしてないんですよ(笑)むしろキスブサで醜態晒すJUMPは見てて面白かった*3しコラボがキスブサベースで正解だったとも思います。問題は最終対決の挑戦者を決めるルーレットね。そこまで3種類の挑戦してるうちひとつはガチンコ水泳対決。そうなんです最終対決をいれた3つのブサイク企画に出てないJUMPメンバーがいるんですね。*4いやキスブサって正直上位に入ればかっこいい~って評判になるし下位ならキャラ立ってテレビ的においしいし、出るだけでわりと本人にプラスになる企画だと思うんですよ。それに出られないのはもったいなさ過ぎだし、ルーレットで決めるくらいなら*5最初から決めといてみんな1回ずつキスブサできるようにしてくれればよかったのに…とすごい残念な気分で終わってしまった。

 

 (3)JUMPに伝えるの何事もギリギリすぎ

これは正直妄想の域を出ない話だけど、ダンクリトライの時も27人ダンクのときもJUMPめっちゃ驚いた顔してたのはもしかして事前になにも聞かされてなかったんじゃないかと…いや私じゃなくてもわかるよねこんなことリアクションから見ればさ。いや生放送だし特にダンクリトライに関しては昨日急遽決まったことだからねじ込むの大変だったの分かるんだけど、でもそれでも出番の前にいろいろ伝えることもできないの???27人ダンクなんて絶対最初から決まってたじゃん???

いたジャンのボウリング回やダンク初トライ、なんならキスブサでも思ったけど、JUMPって正直まだ急場土壇場に弱い印象があるのね。この番組に携わる人のなかにいたジャンやJUMPに近しいスタッフがいたかなんて分からないし、10周年も間近のグループなんだからそういう力も徐々に付けてほしいとも思うけど、そもそも番組の段取りを伝えるって基本中の基本じゃないの???生放送だからこそ予定通り動いてもらわなきゃ困ること絶対あるじゃん???どういう意図で伝えなかった、もしくは伝えてないように見える演出をしたのか分からないけど、27時間TVスタッフはホウレンソウもろくにできないのかって思っちゃうよ???

 

(4)グランドフィナーレの27人ダン

いや本当JUMP担が一番声を大にして言いたいのはこれだと思うんですよ。JUMPだけじゃなく決勝に残った高校生もこれは文句言ってもいいとすら思う。今回スーパーダンクの企画ずっと見てた人は分かるだろうけど、これタップの部分ですら合わせるの大変なんですよ。私バスケ部出身なんだけど、同じチームでバスケ部ならまあ続くけどさ、トランポリンなんて不安定な足場で全員がバスケ経験者じゃないチームもあって、しかも今日初めて顔を合わせた人たちとタップ繋げるんでしょ???正直無理だと思ったよ私だって。実際チームとチームの繋ぎ目で高校生もミスってたしさ。決勝終わったところで終わりで良かったしやるなら優勝チームのデモンストレーションにするとかで良かったと思うんだよ…JUMPだって高校生だって早朝からずっとやってるし疲労困憊に決まってるじゃないか…少し考えれば分かったはずなんだけどなあ。でも怪我の功名じゃないけど、最後に薮くんの一番かっこいい一面が見られたのはちょっとだけよかったなとも思った。でも薮くんがそうやって頭をフル回転させてそういう決断に至らざるを得なかったことがまず残念。

 

思うことがありすぎて書きなぐってしまったよ。まあTL見る限りジャニヲタの恨みは深いからフジテレビのひとは背後に気を付けたほうがいいと思うけど(笑)、私は上に書いたことが気になりつつ、JUMPももちろんキスマイも、たくさんの素敵な場面を見ることができたので結果的には出演させてもらえて良かったなと思っています。昔と今を比べるのは少し違う気もするけど、グループとしてのTV仕事がもらえなかった時代のことを考えたら、やっぱり彼らは成長したし大きくなった。その分ファンとして気になる部分も増えるのはまあしょうがないことでもあるし、だからこそそういうストレスの部分との付き合い方を考えていくのもファンの役目だよね。見たくないもの見なくていいものは避けていけばいいわけだし。とりあえず私はできる子薮くんのことがまた大好きになりましたとさ。(モンペ)

 

 

*1:地方局の中継アナが選手に声をかけたりスタジオ側のJUMPやザキヤマが労いの言葉をかけてたりしたから

*2:日○レとの差別化図ってるのかもわからんけどさ

*3:でもやっぱり今回きりでいいとも思ったけど。笑 それぞれのグループに適材適所があるよね。

*4:誰なのかはツイにもあったし察してくれ…

*5:てかぶっちゃけあんなルーレット後ろで細工できるだろとも思ったし