レインツリーの国を読んだ話。

帰りに本屋に立ち寄った。ジャニストの3rdシングルズンドコパラダイスを予約した帰りに。ぶらぶらあてもなく小説コーナーをうろついた。最近本を読んでいない私は何かじっくり読めるものはないかなあと探していたら、一冊の本が目に留まった。ついでに帯の文字も目に留まった。「映画化決定、主演:玉森裕太」そういえば少し前にワイドショーでやってたなあ…とぼんやり考えながら、なんだかんだ有川浩作品が好きな私はそれを購入してみることにしたのだ。

 

レインツリーの国 (新潮文庫)

レインツリーの国 (新潮文庫)

 

 

じっくり読めるものを、と前述していたにも関わらず、結果帰宅して2時間足らずで読み終えてしまった。昔から文章を読むスピードが速いことは自負していたが、これでもじっくり描写とかも読み込んだつもりなのになあ。

そんなこんなで少し感想を語りたくなった。

「青春菌」これが一番読んでいる中で強く残った単語だった。最近、青春のリミットについてよく考える私にとっては心にずしんと響いた。今の学生生活はもちろん楽しいけど、高校時代は本当に大切で尊い三年間だったなあ、と度々思い出すことがあるんだ。ちょっとクサいかもしれないけど、私のこの青春が続くのもあと3年か…と思うと自然と焦りも感じる。だからこそ、物語の中でぱあっと宝箱が開かれたみたいに始まった二人の青春が私の胸を躍らせた。

もちろん、一筋縄じゃいかない二人の恋にハラハラした。相手の立場にたって、だなんて、誰でも簡単に使う。ちょうど私もタイムリーに受講してる道徳についての授業でそんな話を聞いた。子どもには相手の立場にたって親切をすることを教えてうんたらかんたら…でもそんなこと難しいよなあって。大人だって、この本に出てきた二人だって、相手の気持ちなんて分からなかった。誰だって自分が一番かわいいし、自分の尺度でしか物事を判断することもできないんだ。でもそれでも他人とは付き合っていかなくちゃいけなくて恋愛なんてそれこそお互い歩み寄らなきゃやっていけなくて。お互いの気持ちを少しづつ寄り添わせて溶けるようにほどけて一つになっていく…そんなラストが心地よかった。

 

ここまではまあ普通の読者としての感想で、少しジャニヲタ的に感想を言うと、これをたまもりがやるのか~~~~~!と少し惜しい!という気分にならざるを得ない。主人公のような押しの強いイメージがないからなあ…一般人から見たらそんな風に見えるのかしら。関西弁だしジャニーズからキャスティングするなら大倉とかがよかったんじゃないかしら…いや別に最近大倉が好きだからとかじゃなくて。(笑)もしくは照史。うん演技派じゃないか。感情の起伏とかもいい感じで表現できそう。イメージとしては少し背の高いどこにでもいそうな兄ちゃん、って感じかなあ。それがたまもりだったということなんだろうか。あとはヒロインが西内まりやちゃんってのもうーん…と唸ってしまったがまあそれでもいいだろう。なんにせよこの作品がどのように映像化されるのか今から楽しみである

ジャニーズWESTの1stライブに行った話。

そして立て続けにブログを書く私。時系列はバラバラになってしまうがまずは年始のジャニーズWESTファーストコンサートに行った話からしようと思う。

 

遡ること半月前。私は帰省先の地元駅から始発の新幹線に乗った。向かうはもちろん横浜アリーナ。地味に私にとっては初の横アリだ。まあまあ寒い中4時間近く物販に並んだりいざグッズを買ったらペンラがコテだったりと衝撃も多かったがそんなこんなで開演。

いや~ぶちあがった!ジャニストちゃんたちの現場は今回が初めてではない。だがデビューして以来舞台仕事が多く、コンサートもリリースイベントのみだった彼らにとって本当に初めてのコンサート。本人たちもそりゃあ楽しみだったんだろう。一曲目のええじゃないか、気合が違う!思わず1年と1日前のことが頭によぎった。東京ドームで突然、4人だけで披露されたええじゃないか、なんにもよくねえ!と思わず心の中で叫んだあの日からもう1年も経つのかと驚いた。思わず涙が出そうだった。しかしそれだけじゃない。彼らの後ろをよく見てみた。ジュニアがいる。このコンサートの裏ではジャニーズワールドが公演中のはず。こちらにまわせるジュニアなどいただろうか。そのとき私は気づいた。リチャードだ!リチャードがいる!!!肉眼でもその存在に気づくことができるリチャードの頭。天才かよ。ということはもしや?双眼鏡を覗いてみた。目の前にいるしゃかりき兄ちゃんはこぉじくんじゃないの!隣にいた友人もとうまくんや龍太などを次々見つけている。思わず叫びそうになった。あいつら関西ジュニアをここまで連れてきやがった!!!かつて関ジャニ∞彼らを引き連れて出てきた時のように、彼らも関西ジュニアたちを連れてきていたのだ。関ジュを生で見るのが初だった私は凄まじく興奮していた。講演後の私のツイートからもその興奮が見て取れる。

そんなこんなでええじゃないかからのジパング、とセトリは続く。この時点ですでに私のボルテージはほぼMAXに近かった。なのに彼らどんなもの繰り出してきたと思います!?メンバー紹介ラップですよ!メンバー紹介ラップが好きじゃないジャニヲタなんているのだろうか!?いやいるはずない!!!そのあともお得意のコントを入れてきたり新曲ズンドコパラダイスを披露したりまさかのジュニアコーナーがあったり関西の先輩コーナーがあったり…とにかく楽しかった印象しかない。MCで話を聞いたところ今回の構成は淳太くんと神ちゃんで考えたそうじゃないか。天才か。だって私が現場で踊ってみたかったハピラキもLGWKも粉もんも全部セトリに組み込まれてる。バンバンも歌えた。ラストが浪速一等賞だなんてどんだけ贅沢で楽しいの!

 

支離滅裂な文章になってしまったが、本当に本当に楽しいコンサートだったのだ。本人たちは反省点を感じていたかもしれない、ファンの中にだって何かしらを感じてた人はいるかもしれない。でも私は最高だと思った。彼らが心から楽しそうに歌って踊って笑顔でいた。それが見られただけで十分だった。彼らの楽しそうにしている姿を、笑顔を、これからも見続けていきたいと思えるコンサートだった。最後の照史の、「一生離さへんからな!」の言葉を信じてこれからもついていきたい。

 

 

ひっそりブログをリニューアルした話。

また始めてしまった。ブログを始めてしまった。

もともとはてなダイアリーでブログを書いていた私がなぜわざわざここでブログをリニューアルしたのかというと理由は別になんてことはない。私がジャニヲタとしての活力を取り戻したからである。大学進学してもうすぐ一年になるが、日常生活が楽しすぎて、それと反比例するかのようにジャニヲタライフが楽しくなくなっていったのだ。一時はこのままフェードアウトしていくんじゃないかと思ったほどである。

しかし年末年始に私をジャニヲタに引きずり戻す現場が立て続けにやってきた。これについてはまた後ほど記事を書きたいとは思っている。やはり現場は偉大である。現場is wonderfulである。書きたい。感想をじゃんじゃん書きたい。ついでに前のブログ高校のときからのだし作り直してしまおう!というわけだ。

 

いつまで続くか分からないがとりあえず現場があったら書きにくるくらいのペースではいたい。日常の話もちょこちょこしたい。相変わらずの緩さだが私にはこれくらいがちょうどいいのかもしれない。